ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント
絞った予想で収益を上げませんか? 三連単12点で当たっても11点はハズレています。

【グレードレース回顧】伊勢崎 SGオートレースグランプリ 2021/08/15

今節はSGにしては珍しく、2日目からずっと湿走路。

伊勢崎の湿走路は一本道になることが多く、

多くの選手がスタートに力が入っているレースが目立つが、

フライングは車券に大きく影響するので、困る・・・

f:id:Autoyaro:20210712115324p:plain

篠原選手が嬉しいSG初優勝で、締めくくった。

 

注目のスタートは篠原選手と思いきや準優の勢いそのままに、

重富選手が2回目のスタートも決めていったが、

インコースから篠原選手が残した。

 

重富選手が付いていこうとするが、

1周3コーナーで圭一郎選手にインから差された。

篠原選手も試走通りに抜け出すような展開にならず、

ずっと圭一郎選手にマークされっぱなしで、

インコースを締めるレース展開。

どこかで差されて勝負ありかと思いきや、

圭一郎選手もこのコースにはてこずり、そのまま10周回を逃げ切った。

というより「抑えきった」

 

このSG優勝で篠原選手はGIを飛び越えSG初優勝を飾った。

いつもいいとこまでは行くのだが、

7周回以降はいつもタイヤにきてしまい、捌かれてしまっていた。

今節は走路状況が大きく味方しての載冠。

 

勝戦だけに縁がなく、

グレードレースの予選通過、一般戦優勝と、

とにかくビッグタイトルに縁のない篠原選手で、

ハンデも常に厳しい位置だが、今回は3日目から篠原選手らしい走り。

 

 

伊勢崎の湿走路の特徴は掴めたような気がしているが、

やはりここまで「スタート力のみ」となると、

「湿走路の連帯率」は関係ないのではないでしょうか?

あの浦田選手も湿走路で2着と健闘しているくらいだ。

 

最終日11Rも谷津選手がそのまま逃げ残り、10万越えの大波乱となる。

 

もう少し勉強してみる価値はありそうですね。

 

 

改めて、

篠原睦選手、SG優勝おめでとうございます!