ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント
絞った予想で収益を上げませんか? 三連単12点で当たっても11点はハズレています。

追い込み型の選手紹介 2021/03/12

オートレースの醍醐味と言えば、捌ききって、勝利している選手。

 

かつては、船橋所属の片平巧選手が、

「7車抜き」を代名詞として活躍していた。

 

2021年現在で、

片平選手より捌き力がある選手を紹介します。

 

【伊勢崎所属:早川清太郎選手】

今のオートレース界で、追い込み選手No1は早川選手だと思っている。

最近では課題のスタートも克服してきたようだが、

基本的に捌いてくる印象。

車券に落とし込みやすく、レース展開が読みやすい。

SG初優勝に最も近い存在。

 

特に伊勢崎ナイターレースに強い。

 

【川口所属:中村雅人選手】

上記、早川選手に続き中村雅人選手は、

混戦に最も強く、ミスが少ない。

試走タイムが他選手と同じくらいでも、

インコースを中心に自在に捌いてくる。

 

2013年のスーパースター王座決定戦が一番の参考レース。

 

【飯塚所属:田島敏徳選手】

わざとなのか、オートレース界No1でスタートが遅い。

10m後ろの選手に簡単にたたかれてしまう。

しかし田島選手は、

後半の伸び、後続を抑える技術で気づいたら、

連に絡んでいるという特徴のある選手。

 

もし重ハンデの選手が苦戦気味だったら、

頭から買って、高配当が狙える。

狙い目は最終日の午前レース。

 

【浜松所属:長谷晴久選手】

10年くらい前の浜松の一般開催で、

70m、80mハンデを戦ってきた選手。

田島選手同様、スタートは遅い。

後半に追い込みをかけてきて、

最重ハン選手を捌き返す技術も持っている。

スタートさえあれば、SG優出していても不思議ではない。

 

【山陽:角南一如選手】

ご存知の通り「まくり選手」

しかしインコースを捌いてくる時は、乗れている。

その時はSG準優勝しているくらい。

混戦時は外を使うので、レースセンスがある。

 

前が詰まりそうなレースの時は、

思い切って頭から買うくらい強気でいってもいい。

 

SG最終日に優勝戦に乗っていなければ、チャンス。

選抜戦か特別選抜戦で威力を発揮する。

 

 

今回は各所属から1名ずつ最も特徴ある選手を紹介しました。

是非、車券の参考にしてください。